• 成功率90%!Google MAP上位表示対策

需要高まる「Google MAP上位表示対策」。今やらなければ損をする3つの理由

「Google Map」

 

どんな方でも一度は使ったことがあるのではないでしょうか?

 

また、もし使ったことがないとしても聞いたことや、周りが使っているところを見たことがない方はいないといっても過言ではないでしょう。

 

Google Mapは今まさに「旬」です。

 

その手軽さ、スマーフォン社会との親和性、正確さから「焼肉 新宿駅」、「エステ 新宿駅」、「英会話 新宿駅」等、主に店舗型のビジネスモデルの企業様は少なからず意識をしていると思います。

 

そんなGoogle Mapですが、検索された時の地図上の順位が意図的に操れることをご存知でしょうか?

 

現在、Googleの検索上では地名や駅名が付いた場合、サイトよりも地図が上位に表示される仕様になっています。

飲食店を例に出すとあの「食べログ」よりも順位が上です。

そのようなGoogle MAPを意図的に上位表示させることを「MEO」と呼びます。

ではなぜ「MEO」への関心が高まっているのでしょうか?

 

理由①検索結果に表示されるのは1キーワード3社まで

 

まず第一の理由として「表示されるのは3社まで」という、すなわち「数に限りがございます」ということです。

 

それにより検索ユーザーに均等に表示させるのではなく、3社に集中して送客が行われる仕様になっております。

 

つまり3社内に入れば「大幅は顧客の増加」につながり、入らなければ「大損失を被る」ということです。

 

Googleの調査では「〇〇 地域名」でお店を探している人のおよそ41%が検索を行ってから24時間以内に同エリアの店舗を訪問しています。

 

理由②Googleによる大プロ―モーション

 

最近のGoogleのテレビCMではGoogle MAPを使った大プロモ―ションを行っており、それにより、Google Mapのユーザー数も大幅に増加しています。

このように「何かを探したい、行きたい」=「Google MAP」という文化が根付き始めているのです。

 

理由③場所は覚えるものではなく、GoogleMAPを使って行くのが当たり前

一昔前まで「馴染みの店」がある方も多かったと思います。

ですが今ではお店の場所を覚える方が減ったことはご存知でしょうか?

 

それは地図アプリの発達が背景にございます。

つまり「覚える必要がなくなった」のです。

 

そしてそのような発達により、ユーザーからすると常に新しい選択肢に溢れており、馴染みの店を持つ必要がなくなっているのです。

 

「うちは大丈夫」が最もリスク有、今の既存顧客は競合他社の新規顧客

▼to Cにおいて既存顧客の概念が崩壊した理由

 

「うちは既存のお客さんでいっぱいだから」

 

残念ではありますが、このような経営者の方は未だに多くいるようです。

ですが、その方たちが信頼している既存顧客も常に「新しい選択肢」を探していることを忘れてはいけません。

 

更には競合他社はあなたのお店の既存顧客を一番奪いたいと考えています。

 

過去にそのような経営者の方から「あの時は大丈夫だったけど既存のお客さんが来なくなった」と相談を受けたことがありました。

 

3か月後にご連絡差し上げた時にはそのお店はインターネットの流れに乗ることが出来ず閉店されておりました。

 

既存顧客との信頼でお店をやっている方は特に注意が必要です。

 

▼合言葉は「ネットに無いからやめとこう」。対策しないと今後もお店の評価は下がり続ける

例えばあるお店の前を複数人のサラリーマンが通りがかったとします。

 

一昔前であれば「とりあえず入ってみる」ということが起きていました。

これは「入ってみないと分からないから」です。

 

ですが、現在はまずお店を調べて情報を得ることが出来ます。

 

つまりサービスを受けてみて実際に評価するのではなく、ある程度事前に評価が高いお店を選ぶようになっているのです。

今後の情報社会は「関心はあるが、愛着はない」

 

▼SNSの普及がもたらした「無愛着時代」

SNSの普及により、ユーザーはあらゆるものに興味を持てる時代となりました。

 

グルメ、美容、ファッション、趣味、場所等ありとあらゆるものを多くの選択肢から選べるようになったのです。

 

これ自体は大変良いことですが、その反面、一つのもの、一つのお店への愛着・執着が減っていることを忘れてはいけません。

 

肉通の人がすし屋を巡るようになり、通い詰めていたお店を試しに変えてみたりと、何かに愛着を持つ必要性が無いといったほうが正しいかもしれません。

 

▼ユーザーは「スピード主義」と「口コミ主義」の2つだけ

インターネットの普及により、ユーザーは大きく二つに分かれるようになりました。

それは何かというと「選択に対して評判を重視する層」と「選択に対してスピードを重視する層」です。

 

例えば飲食店を探す場合、

 

選択に対して評判を重視する=食べログ、ホットペッパーなどの口コミサイト

選択に対してスピードを重視する層=Google MAP

 

と言えばわかりやすいでしょうか。

 

そのようなユーザーの質に対して両方とも対策出来ている企業様は現在でも大変少ないです。

 

上位表示実績驚異の90%!CRIMZONの「Google MAP上位表示対策」サービス詳細

 

弊社で提供している「MEO対策は」成功率90%とネット業界でも類を見ない数字です。

 

ではどうやったら地図上の順位が上がるのか?

これは弊社のノウハウと一般的なネット企業のノウハウが違うため”開示出来ません”。

 

弊社のお客様のみに情報を提供し、対策を施します。

 

一般的なWEB広告や食べログ等のポータルサイトよりも効果が絶大と言われる「MEO対策」を本当に困っているお客様のみに提供していきたいと考えております。

 

格安MEOに注意!ほったらかしにされるリスクがございます

 

MEOが旬である背景から様々な格安業者が台頭してきています。

 

その内容は基本料金0円、完全成果報酬制というものです。

基本料金が0円であるということは逆に上がらなくても問題にならないということです。

言い換えるなら上がりやすいお客様のみ上げれば問題ないのです。

 

上がりにくいと判断するとお金にならないので基本はほったらかしです。

 

果たして集客の根幹となる部分を0円でやるといういい加減な企業に任せてよいのでしょうか?

 

そういった企業はノーリスクと謳ってはいますが、実際に上がらなければリスクを負うのはお客様自身なのです。

お金は失いませんが、大幅な時間を失っているからです。

 

タダほど怖いものはないと良く言われますが、美味しい話ほど裏があるので注意しましょう。

 

ビジネスを確実に伸ばしていきたいのであれば、適切な投資を行い、毎日試行錯誤を行ってくれる企業に依頼すべきという事はどんな経営者様でもご存知でしょう。

 

あえて公にしますが、弊社の基本料金は100%人件費です。

各社様に担当が付き、毎日対策を行うために必要な費用なのです。

 

弊社ではとりあえず多くの企業様を支援することよりも、一社一社様に対して適切なサービス提供を心がけています。

 

料金形態

■初期費用30000円➔今なら0円!

 

■月額基本料金:対策費用25000円+成果報酬1日2000円

※成果報酬料金は翌月のお支払いとなります。

 

■契約期間:6か月~

概要資料はコチラ


 

お問い合わせはコチラ




 


お問い合わせを受け付けました!

Crimzonお問い合わせありがとうございます


1営業日以内にご返信致しますので、今しばらくお待ちください。


また、ご登録いただいたメールアドレス宛にも「確認メール」を送信しております。ご確認くださいませ。


ホームページトップへ »

© Crimzon All Rights Reserved.